Recruiting Site

Interview
調査技術部
森 朋香さん

調査技術部のリーダー候補として、主に現場業務を担当。前職では橋梁点検の主に内業の業務に従事し「点検現場に出てみたい」と思い、転職を決意。”橋のプロフェッショナル”になる為に日々奮闘している。

インタビュアー
三浦 達也
大学院修了後、プロパンガスの営業職、仏教寺院手伝い、人材派遣会社でのコーディネーター・法人営業・その他事業全体の工程管理を経験。オングリットホールディングス株式会社へは人事担当として2022年10月に入社。前職での求人広告作成を通して培った集客力・ライティング力と、人材コーディネートの経験を活かして採用・定着を主なミッションとしている。

Interview


    お仕事について教えて下さい

    三浦:では今、森さんがやられているお仕事内容について教えて頂いてもよろしいですか。

    森:研修からはじまり、念願の現場デビューをしています。本点検に2週間くらい行きましたが、一言でいうなら、やはり楽しいなと感じました。ただ、そこにはいろんな想いがあって、やっぱりこんなに大変なんだと思ったり、橋の構造が色々あって、内業だけをしていた時は「何故こんな写真撮ってくるのか」と思っていましたが、現場に行くとそんなに簡単に写真は撮れないですし、現場のメンバーに今まで思っていたことが、いくらか解決しました。改めて「もっといいやり方がないかな?」とも思いました。不可抗力で、雨や警報で急に現場が中止になったりする中で、時間内にやらないといけないので、色んなことが波のように押し寄せてきて、初心者の私には何もできなかったという反省がありますが最後の1枚の写真を同僚が撮影していて、車通りも多く疲労も溜まっていて、中々撮影できなかったのですが撮影出来た時はドラマのように感動しました。また、私が初心者という事もあり、写真が漏れていたりミスも多かったが、内業班が頑張ってくれていてリアルタイムで色んな事を指示・連携してくれて、皆さん優秀過ぎて、とても感動しました。

    三浦:経験者だからこそ聞きたいのですが、_違いやとまどい等はありましたか?

    森:大きくは2つあって、1つは作業手順と使っているソフトの違いです。作るものはわかっているのですが作り方がわからないという事で、正直力不足を感じています。2つ目は会社が違うことで、点検員の技術や考え方かはわからないのですが、それぞれの見解が違う事でとまどいがあります。それはオングリットの考え方なのか?その人の考え方なのか?どの程度あわせていけばいいのかなというところはあります。

    三浦:現場でがっかりしたことはありますか?

    森:思っていた通りでちょっとがっかりしたことはありますね。世の中は最先端技術、DXといってますが、まだまだ人力な部分もあるなと。どこの会社でもまだそうだと思いますがこれからに期待しています。

     

    入社理由について

    三浦:オングリットに入社したきっかけを教えて下さい。

    森:私は前職で橋に出会い、橋梁点検の調書作成に携わらせて頂きました。その時に、「橋って面白い・かっこいい」と思い、橋が好きになりました。そこから調書を作成していたのですが、実際に写真だけではなく、モノを見ないと、構造等理解できない事が多かったので現場にいきたいなと思い始めました。2年目くらいで、前職の中では調書の作成ができるようになった時に「もっと時間短縮出来ないか?」と考えました。業務改善するにはやはり現場を経験していないと難しい事もあり、壁にぶち当たって何度も考えている内に「点検してみたい」ということに行き着きました。オングリットは女性でも点検現場に行けるが、前職では前例がなく会社としては難しいという事で現場に出ることは叶いませんでした。そこで、仕事仲間からオングリットのHPを紹介してもらい、「こんな会社あるんだ、ここにいきたいな」と思い応募させて頂きました。実は私はオングリットしか受けていません。何故かというと、現場に行きたい私の個人的な想いの更に先までHP上で語られていたからです。女性が現場に行けるということはもちろんの事、私が常々思っていた「もっと楽に・スムーズに」できるんじゃないかと考えていた事を最先端技術を取り入れて、やっていこうという未来も見えたので。

    三浦:ありがとうございます。ちなみに、森さんの思われる”橋の魅力”ってどこにありますか?

    森:橋は同じものがないんです。見た目には一緒ですが、ちょっとずつ違うので。道路はさほど変わらないと思いますが、橋はこんなに違うんだな、いろんな顔があって面白いなと感じました。平均で何十年も車と人に踏まれながら立っているのでかっこいいなとも思っています。

    今後の目標について

    三浦:森さんの今後の目標をお伺いしてもよろしいですか。

    森:出来たら、中堅のリーダーになりたいなと思っています。何でなりたいかというと、みんなに楽しく楽になってほしいなと思っているからです。その根本にあるのは、私が楽しく、そして楽に、いい仕事がしたいと思っているからで、そういう環境や仕組みを作る側に回りたいと思っています。それが出来ると、業界的には強いと思いますし、末端でも担えたら嬉しいです。みんなの毎日の仕事のやりやすさを見つけ出したいです。

    三浦:今まで経験された中で、オングリットの業務のここが良い・便利だなと感じた部分はありますか?

    森:細かい作業が全て割り振られていて、チェック機能としては作用するような仕組みが凄いなと感じた。あとは、マニュアルがあるところですね。内業のリアルタイム制も含めて、いいところがいっぱいありますね。

    三浦:今後業界の中でオングリットがどんな風になっていったらよいなと感じますか?

    森:業界の考え方を変えてもらいたい、そういう位置付けにありたいと思います。業界全体がマンパワーに頼る傾向にありますし、「職人さんこそ素晴らしい」という雰囲気があり、もちろんそれはそれであるとしても、別の見方をしないと若い人が入って来れない環境になってしまうと思います。後は、点検自体が立場的に下の方にあると思うので、これを押し上げていきたいです。インフラをプッシュしていくのは未来にとって必要な事だと思いますのでそういう会社であってほしいと思います。

    三浦:今、応募を検討している人にオススメなポイントはありますか?

    森:年齢関係なく、自分がやりたい事にチャレンジができるフィールドがあります!ぜひ体感してください。

     

橋のTシャツを着て仕事をする程橋の魅力に取りつかれている森。今後は女性リーダーとして業務効率化・DX化を進めていってくださいね。森さん、ありがとうございました!

Recruiting info- 採用情報 -

未経験者積極採用中! テンケン女子活躍中!